ディオネの後ろになんかあります。ディオネの直径はこちらによると、1,123キロということなので、そのくらいの大きさのもののようです。いや、その後ろだからそれより大きいということになりますかね。まあ・・・デカイですね。こういうのはだいぶ慣れましたが、やはり今でも多少驚きます。記事には写真の修整をした人(多分 NASA 関係)のコメントもあり、写真に手を加えたことを認めていますが、公的な理由で釈明しました。

NASAの関係者も認めているという画像の加工だが、1km近くあるものが、この衛星の後ろにいる。
なにか不思議な形をしているが、何なのだろう。
アップされた動画は、画像のコントラストなどをさわると浮き出てくる様子。
詳細はリンク先の記事を確認していただきたい。
In Deep: [衝撃]土星の衛星ディオネの後ろを通過する直径1000キロ以上の巨大な物体

今の一言:不思議なものがたくさんありますねー