金城タツロー

普天間基地移転で揺れる沖縄。県内の大勢は「基地県外」移転になってしまった。
長い時間をかけ、日米合意で辺野古への移転が決まっていた米海兵隊普天間基地。
私も、現場を見てきたが、あきらかに周辺の密集した住宅と隣接しており、たしかにこのままの使用は危険だ。
ならば、すみやかに日米合意で決まっていた辺野古へ移転すべきだと思うのだが、民主党政権の誕生で、泥沼化してしまった。

鳩山元首相は、収集がつく目算もなく、いたずらに住人の方々の意志をもてあそんでしまった。基地問題を考える機会にはなったが、その代償は大きい。同盟国である日本の首相を「ルーピー」とアメリカ人は酷評した。しかし、当の本人にはその意味がわからない。その後菅首相にバトンは渡されたが、さらに混迷は深まるばかりだ。
中国漁船による、尖閣諸島周辺の領海侵犯事件も、これに呼応した形だろう。船長釈放は、中国側に付け入る隙を与え、官製のデモが多発。内陸部では一部暴徒化した。
中国側から「棚上げしたい」との申し入れもあったようだが、そのようなことをしたら、さらに相手は乗り込んでくるだろう。それがわからない民主党政権である。

さて、そのような沖縄だが、11月に知事選がある。現職の仲井真知事は、最初は県内移設容認派だったが、情勢に流されてか、なんと「県外移設派」になってしまった。元々反戦団体などの影響で、左翼思想が多い沖縄。これで普天間基地の県内(辺野古)への移転を主張するものがいなくなった。保守消滅である。

そんな中で、孤軍で奮闘している人物がいる。金城タツロー氏だ。

金城氏は、普天間基地は県内に移設しないと、米国のプレゼンスを失い、沖縄はすぐ中国の手にかかると危惧している。
平和のために基地を追い出すのではなく、「平和のために基地が沖縄になくてはならない」と訴えている。

今の沖縄で、このような主張を繰り返すのは勇気がいるだろう。だが、必要な主張である。誰も県内移設を訴えなかったら、いったい沖縄は、日本はどうなるのだろう。「沖縄も中国だ」と言う中国にすぐに呑み込まれてしまうのではないだろうか。

このたび、金城タツロー氏の公式のホームページが開設したようだ。これまでの金城氏のブログもあるので、それとリンクさせた形となっている。
金城タツロー公式ホームページ
金城タツローの幸福維新(ブログ)
 
 
また、新しい試みとして、金城氏が活動した範囲をgoogleマップに印をつけて写真が表示される機能もある。

大きな地図で見る
 
 
web上の金城氏の情報を集めようとfacebookのファンページも有志によって開設された。
金城タツロー公式ファンページ

当然、沖縄の多勢のように、「県外移設しかない」という方もいるだろう。周辺住人の方にしかわからない苦しみもある。そのような方もぜひ議論に参加していただきたいと思う。

ということで、一度のぞいて見ていただきたい。