沖縄県知事選に名乗りをあげた金城タツロー氏。唯一の普天間基地県内移設派である。
なのに、本土の報道はもちろん、県内のマスコミも仲井真氏、伊波氏の一騎打ちとのこと。
この両者とも、普天間基地「県外移設派」なのにである。

本来、現職の仲井真知事は基地容認派の県内移設派だった。それが、「県外移設」が優位とわかると、ひらりと自説を覆した。
また、伊波氏においては論外である。「沖縄は中国の文化を色濃く受けており、中国の方が相性がいい」と驚くべき認識だ。

この二人のどちらが知事になっても、普天間基地はさらに泥沼化する。
するとどうなる? 日米安保は最大の危機に陥るのだ。

事の始まりは民主党政権誕生で、結果の責任も取れない鳩山前首相の無責任な「友愛政治」である。
これが沖縄県内の左翼勢力に勢いをつけた。市政から県外移設派が優勢となり、収集がつかない。
勢いを増した背景は、沖縄の報道機関が「沖縄は基地があるから狙われる」という誤った報道を繰り返したからだ。
基地があるから狙われているのではない。狙われているから基地が必要なのだ。

この沖縄の報道機関は、唯一の県内移設派である金城タツロー氏を無視している。何をやっても報道しない。仲井真氏、伊波氏の一騎打ちと誘導をさせているが、両者とも普天間基地県外移設派ではないか。今、危急のこの大問題を、首長選挙の最大の争点にしなくてどうする。デリケートな問題だと、棚上げして本当の政治ができるのか。そして、マスコミは公正な報道をしていると言えるのか。

本当の一騎打ちは、仲井真氏、伊波氏の「県外移設派」対金城タツローの「県内移設派」ではないのか。
なぜ報道しない。なぜ討論会にも呼ばない。
こんなマスコミはもう信用できない。日本を本当に売りたいのか。

本日の金城タツロー氏の街頭演説である。ぜひ聞いてほしい。

参考:
金城タツローの政策のページ