26日午前、同委の中川正春・民主党筆頭理事が自民党の武部勤・筆頭理事と国会内で会談し、政府の方針を伝えた。提出されたビデオを国民に公開するかどうかの判断は、同委理事会で改めて協議する。

尖閣ビデオ、27日にも国会提出へ…政府方針 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

民主党政府は、これまで中国に遠慮して提出することのできなかった、尖閣諸島での領海侵犯漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりしてきたビデオを27日にも衆議院予算委員会で提出する方針を定めた。

胡錦濤主席の来日後までひっぱりたい民主党政権にとっては大幅な譲歩だろう。報道2001の石原都知事「海保モリで突かれる」発言が影響したのか、これ以上隠しておくことができないようだ。
いったい何が映っているのだろう。

パターンとしては二通りある。

ひとつは、風聞どおり、海保職員が臨検のために漁船に乗船した際、職員を乗せたまま逃亡。そして海保職員を海に突き落とした…
これでは衝撃的すぎて、やはり公開に躊躇するだけのことはある。

もうひとつは、当初の報道どおり、領海侵犯船が海保巡視船に体当たりしてきた図。
これはインパクトはないが、逆になぜこの程度のビデオで民主党は公開を躊躇したのか。あきらかに中国側への配慮であり、民主党政権は中国の傀儡政権と言わざるをえない。

いずれにしても、船長を公務執行妨害で逮捕、そして処分保留で釈放という愚は責められる。民主党政権の命運も尽きた。

民主党議員の皆さんは、もう嘘をつくのはたいがいにしなければいけない。

今の一言:これでもまだ民主党なら、そんな議員は政治家をやめるべきだ