「あの選挙区は、産経新聞の影響力が強いということかもしれませんね」

補選敗北に仙谷氏「あの選挙区は産経の影響力が強いのか」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

仙谷由人官房長官が25日の記者会見で、衆院北海道5区補欠選挙での民主党候補落選の原因を、「あの選挙区は産経新聞の影響力が強い」と言い訳。

この官房長官は、本当に頭がいい。
ようするに、「民主党に批判的な産経新聞が強い地域だから、負けてもしょうがない。他の地怒なら大丈夫」と、国民を洗脳しようとしている。この人の嘘は本当に気をつけなければいけない。デマだけで生きてきた人物だ。
心の素直な人が聞けば、「ああ、まあそういう地域だから」と納得してしまう。ところが北海道では産経新聞は発行されていないのだ。

全国紙に分類されているが、北海道などでは発行されていない(北海道へは東京本社版を空輸し、主に北海道新聞の販売店が配達しているが購読部数は極めて少ない)

wiki 産経新聞より

このように、ごく少数部出ているだけだ。産経のみの影響力ではないだろう。

仙谷官房長官は、一体何の根拠で、このような発言をしたのだろう。真実とは違う言葉を、ペロっと口にしてしまうところを見ると、大衆をどこかに誘導しようという意思があるように思えてならない。

北海道での補選の結果は、あきらかに政権獲得以来の民主党政権の失政への答えである。その民意がまったく届いていないということではないだろうか。

今の一言:批判はできても批判に耐えることができない人たち