【大紀元日本10月27日】中国国家測絵局が、4年間もかけて「自主開発」したインターネット地図サービスサイト「天地図」をこのほどリリースした。新華ネットをはじめとする中国国内メディアは21日に、「自主知的財産権」「グーグルマップも超越」と大々的に報じていた。しかし翌日、「使われている衛星写真がGoogleマップのものではないか」と指摘するブログ文がネット上で話題になった。これを受け、同局は25日、自主開発したのはソフトウェアであり、使用する地図データは海外から購入したと認めた。26日付の新京報が伝えた。

中国政府、「自主開発」の地図ソフトリリース 利用者「Googleマップのもの」 – 大紀元

新華ネットによると、中国国家測絵局が、4年間もかけて「自主開発」したインターネット地図サービスサイト「天地図」をリリースしたとのこと。いわゆるgooglemapの中国版。「グーグルマップ超越」と中国国内で話題となったが、実は使用されている地図データはgoogleマップと同じではないかと国内から指摘が相次いだ。
その指摘に「天地図」側は「独自のもの」と強調してきたが、やはり実はgoogleマップと同じデータだったということがわかったようだ。

まあそれはいつものお家芸として、中国のこのような地図サービスはなにかげせないものがある。これで好きなだけ世界図を変えて、国内外に公表できる。
特に、国内では、自分たちの都合のいいように、国境線を書き換えることができる。
当然、尖閣なども、日本がgoogle側に要求した逆の「日本名」を消すだろう。
このように、着々と領土拡大は進んでいる。
 
 

今の一言:中国領はどこまでになるのかな