岡崎トミ子国家公安委員長は28日の参院内閣委員会で、韓国人などの元外国人慰安婦について「名誉や尊厳を回復する措置をしっかりとしていきたい。(金銭支給も)含むものとして検討していかなければならないと思う」と述べ、新たな個人補償を検討したい考えを示した。

岡崎国家公安委員長、元慰安婦への金銭補償「検討していかなければならない」 – MSN産経ニュース

岡崎トミ子国家公安委員長が、28日の参院内閣委員会で、韓国への外国人慰安婦について「名誉や尊厳を回復する措置をしっかりとしていきたい。金銭支給も含むものとして検討していかなければならないと思う」と、新たな個人補償を検討したいと意思を示したという。

誰もが菅内閣の岡崎トミ子国家公務員長就任に目を疑った。国家公務員長とは警察機構の総理大臣に次ぐトップ。反日活動で有名だった岡崎氏が、よもやその地位に就くとは誰も思わなかったのだから。そのような者が就任するような立場ではない。日本の治安を維持するための役割なのだから。

その後、岡崎氏がこれまでの活動として、ソウルで慰安婦賠償を請求する「反日デモ」に参加している岡崎氏の写真が話題となり、多くの人々から一斉糾弾を受ける。
日本の国旗に☓印をつけた国旗の前で微笑んでいたからだ。

自民党の稲田朋美議員は、「このような人物は日本の国会議員として適切ではないと厳しく批判した。もちろん不適切である。

菅首相は「これまで本人(岡崎トミ子氏)は、過去の言動に配慮に欠けた面があり、誤解を招いたことを深く反省している」と答弁して切り抜けようとしたが、当の本人が、「反日デモは(日本の)国益に適う」と宣言した形だ。

戦争の賠償は、当然国家間の問題であり、先の大戦の賠償はサンフランシスコ条約で済んでいる。それを国家が個人に補償していたらキリがない。日本は永遠に過去の補償を背負ってしまう。これは歴史的にも国際的にも常識で、日本だけが「村山談話」「菅談話」と謝罪を繰り返してきた。
そこにこの「トミ子の元慰安婦金銭補償」発言である。

このような一個人の間違った信念で、私たちの税金が賠償金に使われることは耐えられない。岡崎国家公務員長の更迭し、菅内閣は厳しく責任を問われるべきだと思うがいかがだろうか。

今の一言:今日は親戚の法事だー