今、沖縄が危ない。どうやらオーバーな話ではないようだ。中国は本気で沖縄に侵攻するつもりだ。
尖閣諸島周辺での領海侵犯で、多くの国民が中国の野心に気がついたと思う。しかし、まだ「まさか」という気持ちもあるだろう。
しかし、確実に中国は日本の領土を狙ってくる。
中国は膨れ上がる人口をカバーできない。党幹部への富の集中を改善すれば、いくらか人民は潤うが、そんなつもりはないようだ。共産主義の矛盾である、支配層の搾取で、常に体制を維持するために情報は統制される。
そんな時、現在の中国と同じ規模の日本は魅力的だろう。過去の大戦への恨みも利用して、中国国内で日本侵攻は愛国の行為だ。誰も止めはしない。いずれ必ず「来る」。

中国日本侵攻のタイミング

そのタイミングを予想してみると、東アジアの軍事的バランスが崩れた時だろう。
今はまだ、日本とアメリカは同盟関係だ。もしこれが崩壊したら? その時が中国にとって絶好のチャンスだ。
多くの日本人は、まさかアメリカが日本との関係を解除するとは思っていないだろう。特に戦後世代は、生まれた時からアメリカは友人で、日米同盟が消滅するとは夢にも思わない。しかし、戦後結ばれた同盟である。何かがあれば、当然消滅することだってある。

戦後日本は、戦前の脅威を削ぐために、非戦国になった。憲法九条で、軍事力は持ってはいるが集団的自衛権すら行使ができない。おかげで、日米安保といっても、極めて片務性の高い、米国民のみが血を流す構図である。
「アメリカは戦争好き」だから自分勝手に戦争をしてるじゃないか、それに加担する必要はあるのか、という意見もあるかもしれない。しかし、自由主義国のリーダーとして、アメリカがその使命を果たしているということを忘れてはならない。戦争をしたいだけの戦争ではない。世界の安定のために義務を果たしているという見方が必要だ。

このように、戦いもせず、文句ばかり言う、義務を果たす気持ちもわからない、そんな日本に愛想が尽きることだって想定しなくちゃならない。

沖縄、そして東アジアの安定のために駐留している沖縄の米海兵隊を、「怖い」からと言って追い出した時、それが中国の絶好のチャンスである。

沖縄知事選の選択で日本の存亡は決まる

11月後半の沖縄知事選。現職の仲井真氏、革新系の伊波氏。この両名の一騎打ちと言われているが、両者とも「普天間基地県外移設」派である。「沖縄の米軍は出て行け」と言うのだ。どちらが当選しても、普天間基地辺野古移転は暗礁に乗り上げ、日米関係は最悪のものとなる。

昨年の鳩山首相時代からの普天間迷走をみたらおわかりだろう。県外のどこにも移転先などない。また軍事的常識として、即時展開が鉄則の海兵隊を、その役割が果たせない位置に配備しようとしても現実的ではない。展開が遅れてしまっては、無意味に米国の青年たちの命が危険にさらされる。このようなことを米国民が許すはずがない。

唯一の普天間基地「県内移転」派である金城タツロー氏は、沖縄本島のメディアにスルーされ続けている。「宗教政党」だから? だとしたらとんでもない偏見である。沖縄のメディアは信仰者の人権を認めていないのか。本土からの差別? 信仰者を差別しているのは自分たちではないか。

まともなことを言っている候補予定者を、よく調べもせずにカルト扱いしている琉球新報、沖縄タイムス紙は、そんな幼稚な理論は早く捨て去るべきだろう。日本全国の信仰者は沖縄の2紙に失望している。
それとも他に理由が?
どうしても普天間「県外」移設にしないといけない理由が、琉球新報、沖縄タイムスにはあるのだろうか。
沖縄の県民のみなさんの名誉のために書いておくが、偏向が著しいのは本島の琉球新報、沖縄タイムスの2紙のみである。宮古毎日新聞など、島のメディアは極めて公正な報道をしている。沖縄本島の2紙が「世論誘導」のような悪意ある報道を繰り返している。

普天間基地移転はアジア全域の安保問題である

さて、本題に入る。
日米同盟が崩壊したら、日本は米国のプレゼンスを失う。また、2012年には韓国での戦時軍事統制権が米国から韓国に移行する。あと2年で、東アジアでの米国の存在感は一気に消失するのだ。その時こそ中国のチャンスである。
日本がいかにハイテク兵器を持っていても、手を出せないならそんなのないのと同じだ。イージス艦がハワイでの演習で迎撃を成功させたとしても、なんら中国には脅威にならない。(当然、アピールにはなるが)
何もできない日本に、北との問題を抱えている韓国、中国からの経済的侵攻を受け続けている台湾と、東シナ海周辺諸国は、中国にとって丸腰なのである。
何も、日本を属領化するためには、中国は軍隊を派遣する必要はない。米国さえ引けば、「200基ある核ミサイルが火をふくがよろしいか?」と日本政府官邸に電話するだけだ。船長を柳腰で解放した民主党内閣では、電話一本で日本が手に入るだろう。

同時に北も南北統一に動く。三代世襲の次期書記長は実績がほしい。この2年の間に、東アジアは戦地となる。

日米韓台力を合わせて中華帝国の侵攻を食い止める

民主党政権誕生は、日本国民にとって大きな反省となっているだろう。だが、今また同じ過ちを繰り返そうとしている。
民主党政権が誕生して、民主国家では、一度選んだものはなかなか修正できないことを学んだ。失敗しても修正が効かないのだ。ならば、沖縄での選択も間違ってはいけない。沖縄県民の選択が、アジア全体の平和を脅かすのだ。

この時に、韓国も過去の恩讐乗り越えなければならない。台湾も、台湾が台湾であるために、尖閣諸島への野心はおさめなくてはいけない。日本に過去の恨みをぶつけてスッキリしようとしているのはいいが、そんなことしている間に自国が危機に陥る。
日米韓台の四カ国は、強い絆で中国を民主化する行動を打つべきだ。

中国の次期指導者として習近平の名前があがってきた。この人物はあなどれない。もっとも危険な人物である。かれの台頭とともに、中北の軍事同盟が強化された。このサインを見逃さず。過去の恩讐を乗り越えよう。