【モスクワ=貞広貴志】ロシア紙「コメルサント」は2日、メドベージェフ露大統領が1日に北方領土の国後島に小型機で飛来した際に、空軍戦闘機スホイ27が数機護衛に当たったと報じた。

北方領土訪問に露が護衛戦闘機、自衛隊機発進で : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

露大統領の北方領土訪問で、自衛隊機が出動、それを受け露側もスホイを数機大統領護衛のためにつけたという。

北方領土は日本固有の領土であるが、戦後ソ連が実効支配を続けてきた。
菅内閣の稚拙な外交によって、尖閣諸島問題がおきた。その柳腰外交により日本は「戦争を恐れている」と内外にメッセージを送ってしまった。

これでは露大統領が動くのは当然である。まさに民主党内閣の「今」こそチャンスなのである。

こうした露大統領の動きが尖閣危機と関連性があるのは明白だ。まさにその渦中に「中露共同声明」が動いたのだから。
両国はこの声明で、大戦時の日本の責任を上書きしようとした。すでに条約上終わっているこの問題を、蒸し返すだけではなく、一方的に日本側を悪者にして上書きしたのだ。

条約締結後、終戦にも関わらず不可侵条約を保古にして侵攻してきたのは旧ソ連側である。それを歴史の上書きで正当化し、さらに不当支配している北方領土を正当な領土としようとしている。

すべては連動して動いていると見なければならない。すでに歴史は動いてしまったのだ。

尖閣ときて、北方領土で南から北まで日本の領土は侵され始めた。
さらに北朝鮮が揺動で新潟沖にミサイルを投下したらどうなる。海自は大混乱だ。どこを守ればいいのかわからない。
さらに自衛隊の最高指揮者は誰か。あの菅首相である。首相が決断できないものを自衛隊は決断できない。

これを機に、さらに中国がイランを動かしたらどうする。
第七艦隊は中東へ。
日本政府は本当に日本を守ることができるのか。
今米軍が中東へ行ったら、太平洋は自衛隊のみで守らなければならない。

石垣周辺は確かに国境だが、考えてみれば日本は島国。列島のすべてが国境なのだ。
全包囲網で日本を守るプランが必要だ。

日露戦争の時の秋山真之のような大戦略家はいないのか。
乃木希典のような真の将校はいないのか。
北一輝のような国士はいないのか。

そんな国を憂う人にぴったりの書籍がある。

読んでみたが、警告と同時に対応策も書いてある。
今何が必要か知りたい方はぜひご一読を。

今の一言:時事刻々と変わる情勢に対応できる人物と政府が必要