4日21時頃、youtube上に尖閣ビデオのオリジナル版らしきものが公開された。
おそらくだが、一部国会議員に公開された編集版なのではないだろうか。

これは動画の”5″であり、動画は別の巡視船から撮影した物まで含めて6本アップロードされている。

計二回の衝突で、報告どおりの体当たりである。
ビデオをみるとあきらかに海上保安庁巡視船の警告を無視して体当たり。衝突時は黒煙があがり現場の緊張感が伝わってくる。

本来政府が発表するべきなのに流出のお粗末

さて、問題をどこから整理しよう。
まず、なぜ流出したかだろう。
このような動画が公開されるのはありがたいが、本来は政府が発表するべきものだ。
政府は中国への遠慮と船長逮捕の末「釈放」という愚策で、このビデオを公開することができなかった。6分に短縮編集したものを、一部国会議員に見せて判断を仰ぐというなさけなさ。
だが、まだそれを政府自身が公開し、あきらかに故意に衝突した事実を国民の前に公表して、責任を取るなら許せる。しかし、これは匿名の人物のリークだ。まったくもってなさけない民主党政府。国家の体を為していない。最高機密の情報すら守れないのに、国民の生命と安全を守ることができるのか。菅内閣は即刻下野しなさい。
菅首相がその座に執着して降りられないなら、せめてこの事件の判断を一手に担っていた仙谷由人官房長官は退陣しなさい。これで自らを処分保留にするなら無責任もいいとこだ。最悪の内閣である。
ついでに対中対露政策もあやふやな前原外相も辞めればいい。

逮捕シーンがなく石原都知事の風聞の真偽はまだ謎のまま

衝撃の体当たり衝突シーンはバッチリ映っているが、肝心の逮捕シーンはない。これは観た議員たちが口を揃えて言っていたことだが、「編集」だと言われてもしょうがない。
お粗末な流出の責任は、全撮影データの公開を持ってして果たしていただきたい。これではまた風聞が流れて仄聞を都知事は語るだろう。

このような状態だから、日本周辺の国々にとっては、「今」がチャンスなのである。民主党政権なら日本の領海、領土、利権を貪ることができる。
国連国連と言うが、大戦前の日本も国際連盟依存が過ぎてあの結果になった。
「今は進んでいるから、あんな幼稚な戦争にはならない」
そう思っているのは、当時の人たちも同じ。何も進んじゃいない。また日本は帝国主義的な列強に囲まれているのだ。
そんな時、政府がしっかりしなくてどうする。国家、国民を守る意志すらない菅民主党政権は、一日も早く国民に信を問うべきだろう。

故意に流出させる高等戦術?

こんなことも考えられる。
APECもあるし中国の手前ビデオは出せない。かといって出さないと国民が納得しない。そろそろロシアもヤバくなってきた。出さないと本当に二年後くらいには日本がなくなることが、うっすら政府にもわかってきた。
では、匿名で何者かが動画を流出させたらどうだろう。日本政府が発表したわけではないし。体当たりの事実は国際的に認知されるんじゃないだろうか。
「えい、名前もsengoku38にしとくわ! 私が責任とればいいんだろ!! おっと逮捕シーン周辺はもちろんトップシークレットね。これだしたらさすがにまずいわwww」
的な事情も想像されてまことしやかに囁かれたりするのしゃないだろうか。

きちんと日本政府として世界に公表するべきだ。でないとまた風聞がネットを走るだろう。

流出したyoutubeのチャンネル
http://www.youtube.com/user/sengoku38


おまけ
仮想ドラマ//中国が尖閣・沖縄を侵略する日//


追記:朝日新聞の報道によると

これまでに漁船が巡視船に衝突する様子のビデオを見たことがある海上保安庁幹部は、「本物かどうかは確認中」としながらも、「自分たちが見たものよりも多くの映像が含まれている」と驚いた様子で話している。

尖閣沖の衝突ビデオ? 動画サイトに流出
とあるので冒頭の議員が観た編集ビデオではない模様。