Just an Illusionphoto © 2005 Fabio Venni | more info (via: Wylio)

まあ、様々な政治的理由があるにせよ──。

この度の沖縄知事選挙での構図はこうだ。

仲井眞氏(現職) 自民、公明、みんな 支持 普天間基地「県外」
伊波氏(革新系新人) 共産、社民、国新、新日、社大 支持 普天間基地「県外」
金城タツロー 幸福 公認 普天間基地「県内」

なにこれ。という感じだ。

基地容認派だった仲井眞氏だが、伊波氏と色を混ぜることで選挙に不利になる県内派色を抜き、見事に勝利したが、選挙戦は真黄色の戦いだった。

今日、沖縄から帰ってきたみやもとさとし氏と話たが、壮絶な選挙戦で、仲井眞氏、伊波氏が通ると、その両道が真黄色の旗で埋め尽くされるという。公選法は沖縄ルールでぶっ飛んでいるらしい。

その真黄色の意味は前述した。「米軍基地はいらない」という意味の色。
保守系各紙は、仲井眞氏は知事に就任すれば、政府と折り合いをつけて容認するとの希望を抱いているようだが、この真黄色の中、それはありえない。在日米軍との溝は相当深まったと見るべきだ。

とにかく、黄色は、「米軍は日本から出て行け」という「強烈」なメッセージなのだ。

それを支持した自民、公明、みんなの党。
その意味がおわかりか。あの仲井眞氏の主張では、いかに政治的脚注が入っていようが、自民、みんなは支持など本来できないはずだ。
「そうでなければ勝てない」そういった事情もあるのかもしれないが、政略ありきで政党の自殺とも言える。

今後の普天間迷走は、自民、みんなにも責任が出てくる。

さて、では国民新党。亀井さん、あなた本格保守を名乗っておきながら、革新候補をよく応援できますね。
ちょっとありえない構図で、頭が混乱してしまいます。HPでは「有言実行の本格保守」とのことですが、もうその画像抜いてほしい。
もし、伊波氏が勝利していたらどうするおつもりだったのか。琉球独立されますよ。

自民、みんな、国民新党のみなさん、とにかく普天間迷走で日米同盟が破綻したら、あなた方の責任でもあると自覚してほしい。