鲜花

【大紀元日本2月28日】中東と北アフリカの民衆蜂起ドミノが広がるなか、中国当局は20日につづき、27日にも中国各地で予定された集会を封じ込めるための厳戒態勢を敷いた。今回は国内の参加者のみならず、多数の外国メディア記者らも連行され、一時身柄が拘束される事態となった。

27日の北京上海、厳戒態勢 外国記者ら連行される – (大紀元)

当局はそうとうピリピリしているようだ。
止まらぬ自由化への波。20日に続き27日にも中国ジャスミン革命。
毎週日曜日は自由を訴えるデモ。連鎖反応、雪だるま式に膨らむ。

自由化の波と、領土的野心をむき出しにする中国。
体制にとっては内外に問題が山積みだが、日本は楽観できない。

今のところ、見事に押さえ込んでいるし、まだ余裕すら感じる。

外国人記者など連行され、日本人記者も一人連行されたようだが、日本国内での報道は不自然すぎるくらい静かだ。