俳優の渡辺謙さんが立ち上げた「kizuna311」というサイトがあります。そこには渡辺さんが流ちょうな英語で語りかけるビデオメッセージが掲載されています。
上の動画は、その中の「ハリウッドスターからのメッセージ」。
心が温まります。
東北地方で大地震と大津波が発生したことを知った時には、とても衝撃を受けたそうです。「いま、自分に何ができるだろうか?」と自問する渡辺さん。

kizuna311「ハリウッドスター達からのメッセージ」 | 小島一郎 official web site 幸福実現党

東日本大震災では、世界各国から日本に温かい支援と、声援が送られた。
とくに、同盟国である米国からは、迅速な救援、オペレーションおともだちによって、どれだけの方の命が助けられ、勇気と希望をもらったか。

いつまでも支援をもらっているばかりではいられない。
米国もまた、財政が悪化し、竜巻なども来襲し多くの人の命を落としている。

リバティwebデイリーニュース2011.05.23#6では、
米竜巻の襲来は、地球磁場の減衰によるものか?と題して、米国の竜巻被害の深刻さを報告している。

アメリカでは先月、7州を襲った竜巻によって、354人が死亡したが、再び竜巻が襲来している。

AFP通信、時事通信などによると、22日、米中西部ミズーリ州で竜巻が発生、建物多数に被害が出たほか、30人近くが死亡。ジェイ・ニクソンミズーリ州知事は非常事態を宣言、今後「死者100人の可能性もある」との見方もある。

中略

2011年夏のハリケーン・シーズンに大西洋で6つの「メジャー・ハリケーン」(大型ハリケーン)が発生する可能性があるという。

このように、未曾有のハリケーンが米国を襲うと予測されている今、「おともだち」である日本はどう対応するのか。
自政権の維持に汲々としていられないのではないか。
すみやかに復興のビジョンを示し、友人を助けられる国にならなくてはならないと思うが、菅首相にそのリーダーシップを望むのは酷なのだろうか。