中国の軍拡

 

弱い味方は強い敵より恐ろしい

櫻井よしこ氏の沖縄での講演についての記事の後編。

櫻井氏がワシントンでショックを受けたことに、米国では「弱い味方は強い敵より恐ろしい」と日本を評しているとのこと。

ウィグル、チベットは毅然と自分たちの意思で行動しているので対処できるのだが、日本はどうにもならないという。有名無実の自衛隊で、変わりつつある国際情勢の中を自覚せずにただよっている。それでも経済大国の時はまだよかったが、いまや中国が第二位の経済大国になりつつある。日本には今、何もないではないか。

李鵬は1995年、「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と言った。櫻井さんに中国の人は「櫻井さん、沖縄は中国のものですよ」と平気で言うらしい。そんな中で民主党政権が誕生しようとしている。

 

沖縄ビジョン、そして自虐史観

民主党は2005年8月に「沖縄ビジョン」を発表した。

沖縄の自主・独立を提唱するもので「一国二制度」と聞こえはいいが、まるで沖縄での日本の主権を放棄するような内容だ。

基地依存経済からの脱却のためと言わんばかりの「沖縄の観光リゾート化」や、騒音問題解消、環境保護もうたってはいるものの、冒頭から米軍基地縮小、移転を持ち出し、覆い隠すつもりもない。

戦時中、悲惨な目にあった、かの土地の人々を、さらにまた丸裸にしようというのか。前述の中国の人の言葉「沖縄は中国のものですよ」に納得だ。もうすでに手中にあるということか。

そしてさらに日教組出身の文科省大臣が誕生したらどうなるか。日本人が日本を嫌いになり、まさしく李鵬の言葉「日本という国は消えてなくなる」。

「弱い味方は強い敵より恐ろしい」ということで、どうにもならなかった日本は、米国にとって、今さらにどうにもならない国になりつつあるように思う。