Featureflash / Shutterstock.com

明ける明けると言われながら、まさか本当に年が明けるとは思いませんでした。明けましておめでとうございます。

新年だから何か書こうということで、書こうとしてるんですが、何もでてこないので、前回と引き続き海外ドラマ。

去年はgleeにハマってました。

gleeのCastが生でライブやって全米をまわっているわけですが、それを3Dの映画化したってんで、ものすごく楽しみにしていたら、東京とか限られた映画館でしかやってない。

わざわざヒルズまで行って来ましたよっと。

 

その”glee ザ・コンサートムービー”が2012年1月7日にブルーレイ&DVDが発売されるってことで、買おうか、レンタル屋さんに並ぶのを待つかってところで人生の岐路に立っています。
レンタル屋さんに並んだとしても、旧作100円になるまで、待つ身なのですが、今年は新作でも借りられる身分になりたいものです。

3Dのメガネつけて見ましたよスクリーンを。
ブリちゃんが飛びてて来るのをニヤニヤして観てたのが我ながら不覚ですよね。

たしか初日に観に行ったので、席が開いてるか心配で、ネットで予約していったんですが、あんな広い映画館が世の中にあるとは。

gleeは、なんだか知りませんが、パートナーがコロコロ変わるので、CHUCKほどやきもきしないんですが、やっぱ歌がいいですよね。賛否両論あるとは思うけど、原曲よりいい。
背景にドラマがあるから共感できるのか、歌の部分のみ観てても飽きない。

高画質な壁紙などはこちらが公式ってことで、すごい綺麗なのがあります。

glee公式サイト(英語) 壁紙ダウンロード

あちらの公式サイトは、日本での放送の都合か、日本からのアクセスだと動画は見せてくれないのかな?w
しっかりしております。

glee公式サイト(英語)

設定としては、負け組の連中が、gleeクラブを通して、才能を発揮していくって話なのですが、どこにいても輝こうと思えば輝けるのを見て、視聴者は共感しているんだと思います。

昨年は、ウォール街でデモなどがありましたが、こういうドラマを見ていると、世の中悪人だらけじゃないって思います。マネーゲームやってる連中もリスクはあるわけで、悪気があってやってるわけじゃない。
みんないろんなところで挫折はあるだろうけど、その場その場で輝こうぜって思います。

今年はさらに激動の年と予測されますが、いろんな主義主張があって、みなさんモメてるけど、一人ひとりはお釈迦様も言ってたみたいに仏性があって悪人じゃない。

もうネットでは、gleeシーズン3の動画がリアルタイムで出ちゃってますが、下の動画は、なんか喧嘩して出てったメルセデスとかサンタナ、ブリちゃんと、新人の可愛い子が、仲直りに戻ってきたシーンなのかな?

神さま仏さまから見たら、we are young.
いろんな確執を乗り越えて、最後みんなで笑って歌える世の中にしたいですね。

[3x08] Glee Cast – We are young from Танюшка Кудинова on Vimeo.

もちろん、お人好しではいけませんから、権謀にはさらなる権謀で国民の安全と幸福は守らなければなりませぬ。