12日投開票された宜野湾市長選が、無所属で新人の佐喜真淳氏が当選し、元市長である伊波洋一氏が落選した。
これで、長年続いた宜野湾の革新市政に、ひとつ区切りがついた形となる。

争点は、もちろん普天間基地移設問題。両氏とも「基地県外移設」の立場だが、革新系の伊波氏が頑として「反米、反基地」のため、佐喜真氏の方が柔軟に見える。

伊波氏は、先の沖縄知事選でも出馬していたが、同じく基地県内移設反対の仲井真氏に敗れた。だが、当選するまでは、仲井真氏も、「県内移設反対」と言いつつも、どっちに転ぶかわからないところもあり、まだ柔軟に見えていたのだと思う。
断固として「普天間基地県内移設」を訴えた金城タツロー氏は落選したが、ここに沖縄県民の「本音」と「建前」が見え隠れする。

「あまり、はっきりと言ってもらっては困る」のだ。

沖縄では、基地の負担は大きいが、それなりの負担料ももらっている。
米兵のおかげで消費も周り、経済も成り立っている。

それで付かず離れず、米軍と共存してきた沖縄だが、ここで明らかに周囲の状況が変わってきた。
軍事費をますます拡大させ、影響力を増してくる中国と、米軍の後退だ。

「出てかない」と思っているから「出て行け」と言えた米軍が、自ら後退し始めてきた。
日米合意がご破算になり、もう待てないという米側の意思表示もあるが、財政赤字を抱えた米国は明らかに軍事費を減らしつつあり、その勢力を後退させている。

それが、沖縄海兵隊のグアムへの先行移転など、目に見える形となってきた結果、今回の市長選で宜野湾市民は現実的な判断をした、ということではないだろうか。

いずれにしても、日本を取り巻く環境は、大きく変貌してきたように思う。
中国の度重なる領海侵犯、米軍の後退、経済の不振に、政治への不信。そして将来への不安。
それを国境で、肌身で感じ取った結果がこの度の市長選の結果のように思う。

その風が、私たちのところまで吹いてきた時には、もう遅いのかもしれない。

【参考】
宜野湾市長選:佐喜真氏が初当選 仲井真知事と連携
宜野湾市長に佐喜真氏 26年半ぶりに保守市政へ