内閣の支持率などはマスコミがどう質問を投げ掛けるかで、どうとでも結果は誘導できるだろう。
しかし、市場の反応は正直だ。あきらかに日本政府の執政に対してNOをつきつけている。ごまかしはきかない、そして待ったなしだ。

鳩山政権下で日米関係は最悪となり、今度は日本経済崩壊の危機だ。それでも優しい日本国民は、まだ菅内閣は始まったばかりと、続投を求める声も多い。
だが、この待ったなしの状況下で、もうすこしやらせてやろうと言うのは危険どころか、日本終了を意味するだろう。

もはや、鳩山さんだからダメとか、菅さんだからダメ、小沢さんだからダメというレベルの話じゃない。
そもそもが政権を一番担ってはいけない政党が、与党として蹂躙しているのだから。

個別の政策などはどうでもいい。
その人たちが、本当にこの国を愛し、よくしたいと思っているか。それを問えばいい。もっとも、本当に国を愛していたら、出てくる政策はもっと違ったものになるだろう。
明らかに日本が憎いとしか思えないものばかりだ。
もちろん、自党の政争をしている場合ではない。
予断を許さない状況なはずだ。

小沢さんが、最後の賭けにでた。
検察対策とも言われているが、まあ政治家としてラストチャンスに賭けたのだろう。そうした青臭さが原点だからこそ豪腕をふるえたのかもしれない。
民主党はもう壊れた。
もし、そんなことで壊れないと言ってる先生がいたら、自ら民主党は、政策実現のための党ではなく、与党にいたい人たちの烏合の衆であると告白してるようなものだ。

国会がねじれ、民主党もねじれた。
政権など運営できたものじゃない。
この機に、もう一度国民の信を問おう。
それが日本復活のラストチャンスだと思う。

今日の一言:
Androidから試験的に投稿。
炎天下の公園でもの思う。