金庫

かたや菅首相。民主党代表選挙。
財務省に洗脳され、消費税論議をなぜか全面に持ってきたが、消費税の問題はどうも思考停止に見える。

「欧米並に」

これを言っていれば済むような雰囲気になっていて、増大する福祉を賄うには、消費税を段階的に上げるしかない、と議論の余地もない。
あとは上げるタイミングだけの話になっていて、選挙対策なのか、なぜか「今」ではないらしい。「将来的に」というのが常套文句だ。
繰り返していれば、いつの間にか既成事実となり、いつかは上げられるということなのだろうか。

そもそも消費税を上げるというのは、税収を上げたいからだろう。
だが皮肉なことに、消費税を上げると消費は冷え込み、税収は下がる。

消費を増やすためにバラマキ財政出動をするのだが、またそれに消費税をかけて消費を止める?
これでは、なんのために上げるのか意味がわからない。
国民への嫌がらせ? まことに手の込んだ嫌がらせだ。

参院選前に消費税議論を持ち出した菅首相は、これでは選挙に負けると内輪から責められて、「還付付」とまで言った。そのコストにまた税金が使われる。何? 消費税あげたいだけやん。と言いたくなる。

還付付のコストまで覚悟したなら、「消費しない税」にしてほしい。

デフレで将来が不安だから、誰もお金を使いたくない。
そんな中で、奇特にもお金を使ってくれるんだから、その人たちに消費税をかけてペナルティをかけていてはおかしい。消費してくれる人たちこそ優遇すべきで、消費しない人に税をかけてもいい。

税をかけると言ったら、政府は消費税も取って、消費しない税も取りかねないから、消費したものに対して、還付してもいい。

高額なものを購入した人には、さらに優遇してもいい。

税収の増収が目的なのだから、どうしたらお金が周り、国民の収入が上がるかを考えないと、いけないのではないだろうか。

今日の一言:
最近予約投稿を覚えた。
いまさら!!!!!