ならば、代表選に出馬しないで、なぜ党を分裂させて、飛び出さなかったのか。それは、こうである。
 8月末に党分裂を決意した場合、行動を共にしてくれるのは、小沢親衛隊である「一新会」のせいぜい30人程度しか読めなかったからである。しかし、いまならどうだ。少なくても衆参合わせて100議員、多ければ150議員といわれる。
 代表選を戦っていくなかで、菅首相、仙谷由人官房長官ら反小沢行動が、同じ党人同士の動きとは到底思えないほど、えげつない戦略があからさまに行われてきた。それは、まるで別の敵対する政党に対するものと変わりがなく、小沢前幹事長はもとより小沢陣営は、「そこまでやるか」と怒り心頭、ほとほと嫌気がさしている状況だ。しかも代表選の最中のこの時期に、鈴木宗男衆議院議員の刑事裁判の上告が棄却され、小沢サイドの怒りのボルテージは最高潮となった。司法権の独立を疑われるような仙谷由人官房長官による非公式の裁判干渉さえ取りざたされている。

小沢一郎前幹事長は、民主党代表選に勝っても負けても「党を割る」と決意、自民党の一部などと中連立する! – 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

このように力学的にも小沢氏は代表選後党を割る。
与党だからといって躊躇はしない。党は目的達成のための手段だから、目的が達せられないなら必要ない。

しかしさすがは剛腕である。代表選出馬によって、30人が100人になった。

いずれにしても民主党は終了ということか。

今の一言:
小沢一郎ってすげーーーー