菅首相の続投が決まった午後3時半過ぎ、東京外為市場で円買い注文が殺到した。円高方向に50銭以上も振れ、一時1ドル=83円09銭と95年5月以来の円高水準を記録。市場では、口先介入を繰り返してきた菅首相を「小沢一郎前幹事長に比べて、為替介入の実施に慎重」とみており、「条件反射的に市場が反応した」(アナリスト)。

民主代表選:菅首相再選 円急伸の洗礼 - 毎日jp(毎日新聞)

市場は正直だ。マスコミに作られた世論は通用しない。
菅続投への市場からのメッセージはこれだ。
これが本当の民意だと思う。

では小沢氏勝利なら?

根本的な解決にはなるまい。

この円高は、民主党政権へのNO。
解散総選挙で民意をもう一度確認するといい。
それが一番の、この急激な円高への良薬ではないだろうか。

今の一言:
変な時間に目が覚めて二度寝したらギリギリに!!