どうやら、何か起きているようだ。
地球にものすごいスピードで巨大な物体が近づいていることが判明して、アメリカ政府は非常に動揺しているようなのだ。

私の持つ情報源によると、政府の黒いプロジェクトの人々は、地球外知的生命体探査のいくつかのアンテナを引き継ぎ、今は合衆国海軍のための専用の信号として処理しているという。

巨大な宇宙船が地球に向かっている? – 危機に立つ日本

これはなんでしょうか?
元ソース記事では、

「最近になって、SETI ( 地球外知的生命体探査 ) プロジェクトがアメリカ政府によってキャンセルされた理由」もこのためではないか、

「最近、ロシアの火星探測機がこの説明に合う写真を撮影している。この探測機は理由はわからないが、破壊された。その後、アメリカの火星探査機も破壊されている。」ともあり、気になる情報。

この青い物体は、現在、冥王星の軌道の外側にあり、最大の直径が約150マイル(240キロメートル)。

リンク先には写真もあるので、ぜひご確認いただきたい。

今の一言:
なんだろね!!