‘県外移設’ タグの記事

NewsHack 【沖縄知事選】仲井真氏わずかに先行、伊波氏猛追│「決めてない二割」普天間基地県外移設候補に違和感か?

80

 任期満了に伴う沖縄県知事選(28日投開票)で共同通信社は20、21両日、電話による世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。自民党県連から支援を受けて再選を目指す無所属現職の仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)氏(71)=公明、みんな推薦=がわずかに先行し、無所属新人の前宜野湾(ぎのわん)市長、伊波洋一氏(58)=共産、社民、国民新、日本、沖縄社大推薦=が激しく追う展開となっている。
 ただ、20%以上が投票先を決めていない。知事選に「大いに関心がある」と「ある程度関心がある」の合計が87・8%に達し、4年前の前回知事選時の調査を約3ポイント上回るなど有権者の関心は高く、情勢は大きく変化する可能性がある。

【沖縄知事選】仲井真氏わずかに先行、伊波氏猛追 – MSN産経ニュース

候補は三人いるのだが、相変わらず一人は泡沫扱いで一騎打ちの体。マスコミは仲井眞氏、伊波氏のみの報道ばかり。
沖縄知事選に関心があるとのアンケートは87.8%と高い。その中で、二割が投票先を決めかねているというのは、一騎打ちの二候補両者とも、普天間基地「県外」移設派だからなのだろうか。
さすがの沖縄県民も、尖閣問題で揺らぐ周辺の不安定要素に選択を迷っている。
「県外移転」で泥沼化して、結局行き場の無くなった普天間基地で、潤うのは軍用地主だけ。建前論の平和主義を振りかざし、これ以上時間稼ぎしていると米国のしびれも切れてしまう。

これ以上問題を長引かせるのは得策ではない。素直に「辺野古移転」で落ち着いて、日米の絆を確固たるものにしなければ東アジアは安定しない。すべてはこの沖縄知事選挙にかかっている。

唯一の県内移設派の男│金城タツローの街宣演説もっともじゃないか

沖縄県知事選に名乗りをあげた金城タツロー氏。唯一の普天間基地県内移設派である。
なのに、本土の報道はもちろん、県内のマスコミも仲井真氏、伊波氏の一騎打ちとのこと。
この両者とも、普天間基地「県外移設派」なのにである。

本来、現職の仲井真知事は基地容認派の県内移設派だった。それが、「県外移設」が優位とわかると、ひらりと自説を覆した。
また、伊波氏においては論外である。「沖縄は中国の文化を色濃く受けており、中国の方が相性がいい」と驚くべき認識だ。

この二人のどちらが知事になっても、普天間基地はさらに泥沼化する。
するとどうなる? 日米安保は最大の危機に陥るのだ。
続きを読む »

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public items from Flickr tagged with pray for japan. Make your own badge here.
最近の投稿
Add to Google
明るい未来が来るといいよね!!
注意書き
このサイトは個人が運営しており、筆者の個人的意見で書いています。

なるべく中立に記事を書く努力はしています。

さらに、author紹介で、若者とあるのが若者ではないのではないか、とのご指摘をよくいただきます。
author
nakato 名前:nakato
 性別:男
 年齢:ヒミツ
 近況:mac買ってみた。
おもに政治について好き勝手言うことが大好きな若者です。
その他、興味のあることを投稿していきたいと思います。

twitter twitter
twitter @nakatoHowitter
twitter @mirainoyukue

日本は必ず蘇る

Copyright © ::2009:: 未来のゆくえ. All Rights Reserved.