‘菅直人’ タグの記事

菅政権の延命こそが政治空白

自民をはじめとする野党がようやく重い腰を上げ、本日、内閣不信任決議案が提出され、賛成152、反対293で否決された。
当所、民主分裂の様相で、造反議員の票読みも60、70票と可決に向けて菅首相を追い込んでいたが、当日になって菅首相の「期限付き辞任表明」で、まさかの民主結束。呆れた政局である。

我らが党の分裂回避と大義名分。「条件付き自主的辞任」を匂わせての延命願いが功を奏した。「最後に話した人の言うとおりになる」と定評のある鳩山前首相。朝出かけるまでは、「こんな民主党に誰がした」と不信任案賛成の意向をマスコミ陣に神妙な面持ちで語った鳩山氏。
なんのことはない菅首相との会談後、代議士会で「一致して行動できるように」と。この人は本当に地球人とは思えないほど「軽い」。

民主党への不信任ではなく政治そのものへの不信任にしたがるマスコミ

その模様をテレビなどで見ていたが、マスコミはどうも民主党を擁護したがる。
街角で有権者たちにインタビューするも、「東北が大変な時に争っている場合ではない」という意見ばかりをとりあげていた。あからさまに偏っているので、とても違和感を感じた。

マスコミの論調はこうだ。

  • 東北が大変な時に「政治空白」を作っている場合ではない。
  • 一国の首相がコロコロ変わるべきではない。

菅首相自ら、条件付き退陣宣言をし、もはや延命目的のみ。責任はあとの「若い世代へ」と自ら官邸モラトリアム宣言をしているのにもかかわらず、まるで不信任案を提出した野党側が悪いかの印象の報道だ。

政治空白を終わらせるための不信任決議案

多くのマスコミは「ここで国のトップが変わったり、解散になったりしたら政治空白になる」と報道するが、「菅内閣の存在こそが政治空白」なのではないのか。
官僚を否定し、前与党政権が執り行なった政策を否定した民主党政権は、行政の継続性を破壊し、無駄な仕事を増やし、本当に必要な仕事を仕分けする。さらに、本日菅首相自ら語ったのはこうだ。

「わたしがやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代の皆さんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい」

現内閣がすることは、さらに混乱に混乱を重ねるだけで、その責任は次世代へ?
また、「一定の役割を果たせた段階で」ということならば、「一定の役割を果たさなければいつまでも延命できる」という解釈もできる。

宿題をしなければいけないが、「ボスを倒すまでとゲームをし続けている子ども」のように、菅首相は、自分に甘い。
そのくせ他人(野党時代の与党追求、福島原発事故での東電や官僚への態度)には厳しい。この自分がしたいことだけをし続ける内閣の存在こそが、政治空白そのものだ。

震災ファシズムを許すな

「こんな時だから」
「今こんなことしている場合か」
という論調では、いつまでもこの菅内閣による政治空白は終わらない。
まるで、震災にこじつけて正論が通らない、そう仕向けられているような気がしてならない。
「おかしい」ということが言えない。震災に乗じた無言の圧力、ファシズムだ。

「こんな時だから、一定の役割を果たせた段階で…」ではなく、
「こんな内閣、政権だから、こうなっている」と考えるべきだと思う。
ならば、元凶は、一日も早くその座から降りるべきだろう。

支持率1%でも辞めなイカ!! 首相のたまう

政権交代photo © 2009 Shibuya246 | more info (via: Wylio)

菅直人首相は27日昼、民主党の鳩山由紀夫前首相と都内の中国料理店で会談し、内閣支持率の低落を踏まえ「支持率1%でも辞めない」と述べ、政権維持への強い決意を強調した。

首相、支持率1%でも辞めない 鳩山氏と会談

開いた口がふさがらない。
「いくら支持率下げてもおれは関係ないぜ」ということか。
おそらく、自分を支持しない大衆のことが馬鹿にみえるのだろう。

支持率が下落した原因を考えてみたらいい。
お人好しの日本人は、失政続きの民主党に対してまだ甘かった。さすがにこれはまずいと思ったのは「尖閣危機」からだろう。目に見えて民主党政権が日本解体に邁進しているのが明らかになったからだ。
政権の中枢が国益というものをないがしろにしている。その危機感は、各々の生命の維持に直結するから正直だ。
「この政権は、国民の生命を売り渡そうとしている」
そう感じた結果がこの支持率だ。
極端に左に振れていたが、まあ社会保障はある程度必要だろうし、保守派にお灸をすえるためにも、もう少し我慢しようと思っていたところ、目の前に「日本消滅」が見えた。これがその結果だ。まだ3割残っているだけでもたいしたものだ。これはマスコミの誘導にもよるのだろう。

もう時間がない。自ら資質がないことを認めながら権力にしがみつくこの史上最悪の宰相たちに下野してもらうためにはどうすればいいのだろう。選んでしまったあとではもうどうしようもない。あらためて選挙の重要さがわかる。

旧ドイツ国民も、ヒトラーが豹変した後後悔しただろう。今日本は、ヒトラーほど有能ではなく、最もおろかな宰相が権力を振り回している。

有事!! 菅・仙谷政権で自衛隊は動かせるのか。ついでに辻元清美は自衛隊は違憲だから日本を守るなとビラをまくのか

Japanese Maritime Self-Defense Force warship.photo © 2009 MIKI Yoshihito | more info (via: Wylio)

このたびの北朝鮮の砲撃事変で思ったが、菅・仙谷政権で自衛隊は動かせるのだろうか。
左翼政権と自衛隊というと村山政権下の阪神大震災を思い出す。

村山政権下で天の怒りのように起きた阪神大震災の時、政府は旧社会党政権らしく自衛隊出動に躊躇を見せる。大手スーパーの救助活動よりも遅れた対応で、その時も村山首相は「テレビで震災を知った」という。
即刻展開するべき自衛隊は出動命令が出ず、1時間半後「訓練名目」でやっと偵察ヘリ一機が飛び立った。
私自身はその時、幸福の科学から救助の指示が出て、あわてて救援活動に向かったことを記憶している。まだ携帯電話が出始めた頃で、人から携帯電話を借りて神戸へ向かった。
自衛隊では間に合わないと、食料、水、衣類、毛布などを地元の有志で集め、随時人員が送り込まれた。冬の大災害で被災者の冷えた身体が心配であると、簡易式の風呂を用意し、設置したのも幸福の科学が最初だった記憶している。

最高指揮官に社会党出身者に据えられた自衛隊はたまったものではなかっただろう。目の前で大惨事が起きているのに、出動命令がでないのだから。
ついでに言うと、阪神大震災の際には韓国の方が先に対策本部が設置された。

では、対中、対北有事の際、菅・仙谷政権で自衛隊はすみやかに出動できるのだろうか。
おそらく答えはNOだろう。
尖閣危機でも明らかになったが、領海侵犯の中国漁船を逮捕するのにも半日以上かかり、さらに証拠品である漁船を返還。船長を釈放の愚を犯し、さらにはビデオの公開さえせず。そのビデオも勇気ある海保職員によって公開された。都合の悪い情報は国民に知らせない。情報統制で有事であることすら国民に知らせない可能性すらある。

村山首相は、阪神大震災当日、事態の深刻さを認識せず自衛隊自体縮小や、環境問題について論じていた。午後になって死者200名以上の報を受け、「え!?」と、やっと事態を認識した。

民主党政権も、現在の安保上の危機を認識せず、のんきにCO2削減や子ども手当などをバラまいている。核弾頭が日本列島に着弾してからはじめて「え!?」と事態を認識したのでは遅い。

では、日本海有事の際、辻本清美議員はどうするのだろう。
辻本氏は阪神大震災の際に現地にコピー機を持ち込み乗り込んだ。「自衛隊は違憲だから救援物資はもらうな」とビラをまいた人道的に欠落のある人物。

「自衛隊は違憲だから、日本国民は守られてはいけない」と有事の際には言うのだろうか。
この人物が防衛長官の座を欲していたというのは背筋が凍る。

北の砲撃テレビ見て情勢見極めるの菅首相

半分顔出すphoto © 2008 karinckarinc | more info (via: Wylio)

北朝鮮が韓国の延坪島に向け、海岸砲約200発を発射、攻撃した。
島内の家屋が炎上、韓国海兵隊員も一人死亡の、まさに有事だ。
現在小康状態とのことだが、予断は許されない。

先般も、ウラン核融合施設の故意的なリークと、北の瀬戸際外交がまた動き始めたが、この度の事変も、北朝鮮による南北統一プランの一つなのだろうか。

続きを読む »

保守の論者卑怯なり │ 沖縄知事選を語らぬは罪

中国領海侵犯漁船体当たり映像流出で、にわかに国益というものが見直されてきた。
これまで、戦後教育などで、日本人が日本のために何か考える場合、すぐに太平洋戦争を想起して国粋的だと批判された。「国」という言葉すら何か時代遅れのように扱われ、「国家」と言えば右翼扱いだ。
それを煽っていたのは一部左翼エリートたち。その刷り込みが効いたのか、とうとう民主党政権という本格的な左翼政権が誕生してしまった。
続きを読む »

もはや解党レベル 尖閣ビデオ流出で民主党が国家社会主義政党だと露呈

ロイターより 流出ビデオにはないシーンも

ロイターより

尖閣ビデオ流出は本当に衝撃だ。
逮捕シーンが無いことで、様々な憶測が飛び交っているが、当初尾ひれがついた話だと思っていた海保職員殉職の話が、ここにきて信ぴょう性を帯びてきた。驚いた。
いかに民主党でも、殉職者を出して、漁船を返し、船長を釈放するとは夢にも思わなかったからだ。

海保職員が臨検の際に突き落とされたのは本当だと思っていた。
当時、石垣にいた西村眞悟氏が、講演で語っていたからだ。氏は現場にいたのであり、行動力旺盛な方だから関係者から耳にしたのだろうと思っていた。しかし、漁船が海保職員に乗り上げ、命を落とすまでに至っていた経緯を、惠隆之介氏、佐々淳行氏も真実のように語る。いったい真実はどこにあるのだろう。

続きを読む »

尖閣ビデオオリジナル流出で2回体当たりも逮捕シーンは謎のままで石原都知事の仄聞の真偽は闇の中

4日21時頃、youtube上に尖閣ビデオのオリジナル版らしきものが公開された。
おそらくだが、一部国会議員に公開された編集版なのではないだろうか。

これは動画の”5″であり、動画は別の巡視船から撮影した物まで含めて6本アップロードされている。

続きを読む »

政権維持のためには漁船体当たりビデオは6分までしか見せられませんごめんなさい

さて、このたびの領海侵犯した中国漁船のビデオを27日に横路参院議長に提出した政府。約2時間40分あった映像は、提出された時には6分になっていたという。これで国民が納得すると思っているのだろうか。

そもそも公表したくなかった民主党政権が、国民の声に押され、しぶしぶ提出したビデオ。
しかし、国益のことを考えたならば、当然政府は、真っ先にこのビデオを自主的に公表して、国際世論に訴えるべきではないのか。
しかも、たった6分ならば、編集したと言われてもしょうがない。都合のよい部分だけ抽出すればいいではないか。
まだ、自国の安全よりも、侵攻の意が見え隠れする隣国に気を使っているのか。稀に見る自虐国家である。
自分ぶ守る意思のない国は、その他のどの国も助けてはくれない。
続きを読む »

「被害者は船長」 あきれた菅首相の認識

これが国会内の答弁であることが驚きだ。
見逃していたが、先日の稲田朋美議員に対する菅首相の答弁の中で、領海侵犯して日本の巡視船に体当たりしてきた船長を「被害者」と言っている。菅内閣の認識はそうなのか?
その動画はこちら↓
続きを読む »

天下り批判の官僚に「将来に傷」 仙谷長官の“恫喝”で審議紛糾│「彼の将来が傷つき残念だ」と発言

菅直人内閣で異様な存在感を放つ仙谷由人官房長官が、15日の参院予算委員会で、政府参考人として菅内閣の天下り対策に批判的な答弁をしたキャリア官僚に対し「彼の将来が傷つき残念だ」と発言し、審議が一時紛糾した

天下り批判の官僚に「将来に傷」 仙谷長官の“恫喝”で審議紛糾 (1/2ページ) – MSN産経ニュース

これはひどい。もはや民主主義ではない。政策を批判した者への懲罰を公衆の面前で披露するとは、仙谷由人官房長官の独裁者としての正体が現れた。
尖閣諸島問題などへの質疑に対して、逆ギレするなど、仙谷氏のいらだちが最近目立つが、とうとう本性を現した。

「批判できない国」ほど悲劇はない。それは中国共産党による一党支配の中国よろしく、全体主義国家のすることだ。批判は批判として、受け止めて修正するべきは修正するべきだろう。その過程で良いものが結果として出てくる。
続きを読む »

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public items from Flickr tagged with pray for japan. Make your own badge here.
最近の投稿
Add to Google
明るい未来が来るといいよね!!
注意書き
このサイトは個人が運営しており、筆者の個人的意見で書いています。

なるべく中立に記事を書く努力はしています。

さらに、author紹介で、若者とあるのが若者ではないのではないか、とのご指摘をよくいただきます。
author
nakato 名前:nakato
 性別:男
 年齢:ヒミツ
 近況:mac買ってみた。
おもに政治について好き勝手言うことが大好きな若者です。
その他、興味のあることを投稿していきたいと思います。

twitter twitter
twitter @nakatoHowitter
twitter @mirainoyukue

日本は必ず蘇る

Copyright © ::2009:: 未来のゆくえ. All Rights Reserved.